パーソナリティ障害を乗り越える【タイプを知って問題解決】

先生

対人関係が困難になる病気

先生

パーソナリティ障害は人格障害とも呼ばれる病気で、他人との円滑なコミュニケーションが非常に困難になるのが特徴です。境界性や自己愛性など、さまざまな型に分類されます。周囲の人は時には患者と心理的な距離をとり、精神科医など専門家の治療や指導を求めることが大切です。

詳細を確認する

メンタル面の治療について

周囲の人と比べて自分は極端な性格傾向があるならパーソナリティ障害かもしれません。コチラで適切な治療を受けることで、改善できますよ。

病院

パーソナリティ障害は、近年話題になってきたメンタル面の障害の一つです。最近ではこのパーソナリティ障害が、マスコミでも盛んに取り上げられるようになっており、徐々に知名度が上がっています。パーソナリティ障害は、うつ病や統合失調症のような確定的な病気ではなく、性格上の一つの問題点と捉えられるのが一般的です。生まれ育った環境の中で培われてきた性質が、通常の人とは少し変わっているのがパーソナリティ障害の特徴と言えます。典型的なタイプにはいくつか種類があり、いずれも問題行動に繋がりやすい点が厄介な障害です。最近若い世代の間で増えているリストカットや引きこもりなどの背景には、実際このパーソナリティ障害が関わっていることが多いです。若い女性に増えているアルコールへの依存や買い物中毒などの場合にも、パーソナリティ障害が絡んでいる可能性があります。こういった様々な問題行動を起こすケースが増えているのが昨今の状況です。今後はパーソナリティ障害と判明する方がさらに増えていくと予想されます。

自殺未遂などの問題行動をするパーソナリティ障害の場合には、医療機関とのコンタクトが比較的とりやすいと言えます。この障害は専門医の診察を受けることが、有力な治療法です。パーソナリティ障害では少なからず現実の認識がずれていることが多く、自己評価も偏っていることがほとんどと言えます。治療では認知行動療法などを用いて、障害を持つ方をより適切な認識を持てるように導くことが一つの課題です。時に抗うつ薬なども併用しながら、一人一人の性質を踏まえた治療がパーソナリティ障害では行なわれます。パーソナリティ障害のタイプの中には、統合失調症などの病気を疑われるものもあります。このようなタイプは日常生活の中でも不自然な言動が見られ、周囲の理解が得にくいということが大きな特徴です。従って本人も徐々に孤立化することになり、一層状況を悪化させてしまいます。このような事態を避けるためには、早目に周囲がパーソナリティ障害の疑いがあることを把握して、専門医の診察を受けさせることが必要です。

人間関係トラブルを招く病

先生

パーソナリティ障害は、現在まだ社会的認知度が高くないため、自覚を持たない患者も多くいると思われます。症状は年をとるにつれて落ち着いていくこともあり、気長に治療すれば改善が見込めるので、あきらめず取り組むことが大事です。

詳細を確認する

心の病に気付くきっかけ

悩み

パーソナリティ障害は自己判断での診断は不可能です。思い込む事により更に現状を悪化させてしまう危険性がある為にもしパーソナリティ障害かもしれ無いと不安に感じた場合には一度精神科を受診してみる必要があります。

詳細を確認する

突飛な言動が見られる疾患

悩み

パーソナリティ障害とは大多数とは違った行動や発言により、周囲から孤立してしまったり、周囲または自分自身も苦しんでしまう精神疾患です。パーソナリティ障害には様々な種類の症状があり、放っておくとうつ病などの他の疾患を併発してしまいます。医療機関で検査を行ない、早期こ治療により改善できる疾患です。

詳細を確認する

心の病と上手く向き合う

悩み

人生に生き辛さを感じた場合パーソナリティ障害が関係しているケースも否定できません。人の人格そのものに影響を与えてしまうパーソナリティ障害は長期間向き合って改善していく必要があります。日常生活に工夫を取り入れて前向きに病と向き合う事が大切です。

詳細を確認する