パーソナリティ障害を乗り越える【タイプを知って問題解決】

病院

突飛な言動が見られる疾患

突飛な言動が出る疾患

悩み

パーソナリティ障害は人格障害とも言われ、大多数の人と違う思考や言動、突飛な行動などで、周囲の人そして自分自身も苦しんでしまう精神疾患です。パーソナリティ障害の症状が、ほとんどの患者が情緒不安定なことが多いのです。そして会話・行動が常軌を逸しており、対人関係・日常生活に支障をきたします。急に思い立ったようは行動を繰り返したり、会話では思いも寄らない返答が聞かれたりしますが、当の本人は全く自覚がない場合がほとんどです。パーソナリティ障害の症状は大きく3種類に分けられます。まずA群と呼ばれるパーソナリティ障害が、一般的に「風変わり」と呼ばれる行動・会話が多い場合です。A群には「妄想性」「統合失調質」「統合失調型」のパーソナリティ障害が当てはまります。妄想性の場合、自分が作り出した妄想・思い込みにより他人を信用できなくなり、その不信感が行動や言動に現れます。思い込みにより他人に暴力を振るうこともあります。統合失調質の場合は、人見知り・内向的な性格が多く、そもそも他人に興味がありません。感情をあまり表に出さないのが特徴です。統合失調型は自分は特別な人間であり、特別な力を持っていると思い込んでいるケースが多いとされています。自分のその特別な力により、他人を支配できると常に思い込んで、行動しています。

突飛な言動の種類と治療

パーソナリティ障害のB群の症状が、自己愛が非常に強く、どこか行動が演技がかっています。「自己愛性」「演技性」「反社会性」のパーソナリティ障害がB群に当てはまります。自己愛性の場合、自分に絶対の自信を持っており、常に周囲を下に見たような言動が特徴です。演技性の場合は、言動が常にオーバーで演技がかっており、自然な反応が出来ず周囲から浮いてしまうのが特徴です。反社会性のタイプが「サイコパス」とも呼ばれ危険な思想だとされています。自分の都合でしか行動せず、周囲への迷惑も全く気にしないのです。最後にパーソナリティ障害の症状のC群は、鬱的な行動や発言が多いのです。「回避性」「依存性」「強迫性」のパーソナリティ障害がC群とされています。周囲から疎外されるのを極端に恐れ、人間関係を構築できない場合が回避性であり、自分自身で何も決められずに常に周囲に判断を丸投げしてしまうのが依存性のタイプです。そして完全・完璧の思考で自分で自分を追い詰めるのが強迫性のタイプです。パーソナリティ障害は放っておくと重度化し、様々な疾患を併発させてしまいます。カウンセリング療法や行動療法などの治療を受けることで、改善できる精神疾患ですので、症状が見られた場合は早期に医療機関での検査が重要とされています。